*フェイスブック記事

*FB*何が欲しいのと聞かれたら

Img_2792

ごきげんよう。

ああ。
どんなにやりたいことがあっても、どんなにやりたいことがなくっても、健康というものがなければ、すべてが無意味。

そんなことを痛感している病み上がりの月曜日。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

私はしぶしぶながらの毒素排出的な日々を過ごし、少し視界がクリアになった気がしているのでございます。
あらゆるものの「誤魔化しコーティング」がよくみえるかんじ……。

さてさて。
そんなこんなで、朝からあるフレーズが頭から離れなくて。 そのフレーズとは、 「何が欲しいのと聞かれたら」 でございます。
ええ。
加藤登紀子さまのね、ちょっと前の歌のワンフレーズ。

ところで。
突然ではございますけれども、みなさま「何が欲しい?」と聞かれたら何とお応えになるのかしら?

私はね、いまははっきり言えるの。
それは、 私の世界が好きで、私の作品が好きで、私本人も作品ほどじゃないけどまあまあ好きで、だから「この人の世界観を構築するためのことなら、ボランティアでもやりたい!」という方。 でございます。

……失礼いたしました。 わかっているわそんな人に当たる確率は宝くじに当たるのよりも低いって。
でもね、ほんとうに時間がないような気がするものですから。
きちんとしたサイトを作って、いままで書いてきたものをそこに残しておきたいのでございます。
でもね、それを作るのは「仕事ですからー」的なかんじでしてくださるのではだめなの、それだけはわかっているの。

私、いつもそばにいて、私の仕事を見てくれてサポートしてくださる人が欲しいのね。 ぐっすん。

加藤登紀子さまの歌詞もぜひご覧になってくださいな。
記事のタイトルは 「生まれてみたいか それともやめたいか」 でございます。

そうそう、本日の言葉のプレゼント。

「愛は全てを赦す」

上の歌が収録されたアルバムのタイトルからでございました。 ……きつい言葉ね。

写真は土曜日の路子サロンで飾ったピンクのカーネーション。

-*フェイスブック記事