*フェイスブック記事

*FB*私だけのカラヴァッジョ

Img_0941_2 ごきげんよう。

嫌いな季節なものだから、すっかりふさぎこんでいる3月の終わりの朝。

私があんまり、「春はいやいやっ」とうるさいものですから、優しいご婦人から、このようなお便りが。
「T.S.エリオットも言っていますね。 April is the cruelest month.四月は最も残酷な月である、と」

さてさて。 そんな、苦手な春のある日のことでございます。 電車に乗りましたら、妖しい少年が私に微笑みかけてきてびっくり。

「きゃあ」と声をあげそうになりました。
ええ。
国立西洋美術館の「カラヴァッジョ展」の告知。

Img_0944_4 カラヴァッジョといえば、私の大切な本『美男子美術館~絵画に隠された物語』のラストを飾る天才画家。
13の物語中、もっとも苦労した章なのでございました。
カラヴァッジョによる「バッカス」。

タイトルは「人々を熱狂させる背徳的な恍惚」
国立西洋美術館、カラヴァッジョ展のショップに『美男子美術館』が売られていたら嬉しいけれど、きっとないんだわ。
いじいじ。

というわけで本日の言葉のプレゼントはこの本のなかから。

「長く生きればいいというわけではありません。 自らの芸術を人生の
第一に置いた芸術家にとっては、 その生涯で、どれほどの作品を残せるか、 がなによりも大切なこと、 というのもあり得ると私は思います。 そう考えれば、カラヴァッジョはバッカス的人生を、 やはり生ききったのです」

私のカラヴァッジョ、私のバッカス、お読みいただけたら、とても嬉しいのでございました。

カラヴァッジョ展はこちら。
http://caravaggio.jp/

-*フェイスブック記事