◇おしらせ

◇オードリー・ヘップバーン重版

2016/06/25

__『オードリー・ヘップバーンという生き方』またまた重版です、と編集者さんからご連絡いただきました! とっても嬉しいです。 「まえがき」からちょっと抜粋します。 +++++ やはりオードリーは「優等生」と言っていいと思う。けれど、優等生には優等生なりの苦しみがあり、そしてこの優等生は、不合理なほどに「愛情」に飢えていた。 そして生来の感受性ゆえ、つねに「悲しみ」をたたえていた。 それでも、それらをすべて覆い隠すほどの美しいヴェールを彼女はもっていて、つねにそれを身にまとっていた。六十三年の人生を通じて、それを脱いだことは一度もなかった。 そのヴェールとは何か。 +++++ これを探ってゆくかたちで、オードリーの人生を追っています。オードリーの生き方は、私の精神の糸みたいなのをピンと張ってくれるような、そんなエナジーをたたえています。 ひとつ、オードリーの言葉をご紹介。晩年に、息子のショーンに言った言葉です。 「愛は行動なのよ。言葉だけではだめなの。言葉だけですんだことなど一度だってなかったわ」 『オードリー・ヘップバーンという生き方』、ぜひお読みください

-◇おしらせ