◇おしらせ

■■「VOCE」、ココ・シャネルの“嫌悪力”☆■■

2016/07/01

519sizhfb3lいま発売中の「2009 VOCE(ボーチェ)12月号」(講談社)、に記事が掲載されています。ぜひ、ご購入ください。どうしても立ち読みしちゃうという方にはこっそり、P267・・・。 でも、これは購入の価値あります。 特集のテーマは「叶える力」。 オードリ・ヘプバーン、白洲正子、マイケル・ジャクソン、田中絹代、ロマーヌ・ボーランジェ、ジュルジュ・サンド、ビリー・ホリデイ、宇野千代、そして、なんと! ガラ・ダリ……などなど、あちらこちらのセレブたちが登場しているのですから! 「ココ・シャネルの嫌悪力」という見開き2ページの記事は、とってもスタイリッシュ」、キレのよい文章に、鋭いデザインです。 ライターは小川聖子さんという、とっても可愛らしくもエナジーあふれる若いぴちぴちな女性で、私の本を、深く読み込んでいらしてくださったので、話もはずみました。 私も、そんなに多くはないけれど、インタビューなどを受ける機会があります。 そのとき、「ああ、このひと、ちゃんと読んでくださっていないのだな」と思うと、やはり気持は萎えるものです。 感想すらおっしゃらない方も多く、なかには、なんと「ごめんなさい、読んでいないんですけどー」と堂々とおっしゃる方もいらして、そういう方に出会うと、その方の調子に合わせて「ごめんなさい、帰りたいんですけどー」などと言いたくなります。 愚痴をいうと、こんなに長くなってしまいますが、小川さんは、そういったなかにあって、際立っておいででした。 そして、担当編集者のぴちぴちに若い殿方、福田秀芳さん。 彼も、なにかこう、とっても情熱がおありでした。 よい誌面をつくりたい、自らが信ずるものを発信したい、そのためにはエナジーを惜しまない方、といった印象を強く持ちました。 おふたりの、瑞々しくも、絶対に軽視できない情熱にふれて、私は胸が熱くなりました。

-◇おしらせ