▽映画

◎愛についてのキンゼイ・レポート◎

2016/10/20


Imagesk84uk7t6_2

性なんかぜんぜんいらない。興味も欲望もない。
というシーズンはあるだろうし、その分野に向けられるベクトルは、それこそ人それぞれなのだろうが、この映画を見ると、人の「生」のなかに占める「性」の大きさを痛感せずにはいられない。

今では当たり前になっていることがちょっと前……70年くらい前までは、ぜんぜん当たり前ではなくて、「自分は正常なのか、異常なのか」で痛いほどに、みんな、悩んでいる。

性の実態調査に人生をかけた男と、彼ととてもよく似ている(基本的なものの考え方が)妻の物語。

人がしていないことを始めようとするときに必要な情熱、勇気、そしてもれなくついてくる偏見、そんなのがびっちりと詰まっているような映画だった。

キンゼイ博士は、もともとはタマバチの研究をしていて、そこで何を発見したか。

映画の冒頭でそれが出てくるのだけど、これが映画のテーマなのだ、と私は感じた。

「相違こそが生命の基本原理である」

正常も異常もない。ただ、違うのだ、それだけだ。

目新しいことではないけれど、あらためて目の前に提示されて、胸の奥にじんとしみた。

-▽映画