▽映画

◎欲望という名の電車◎

2016/10/20


Yoku

社会にうまく適応できなくて、精神を病みつつあったところに、決定的な人物と出会って、精神が崩壊してしまう女性の物語。

なんて、ひと言でまとめてしまってはいけないのだけれど、ある種の人々にとっては、これほどまでに「たくましく生きる」ことが困難なのだと、そういったことを見せつけられた映画だった。

あまりにも有名だからストーリーは知っていたし、何度も観ようとしたことはあったけれど、なぜか縁がなかった。

ヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド。もともとクレイジー色強い二人だから、その存在と芳香の強烈さは、ほとんどうんざりするほどだった。

目が冴えてしまってなかなか眠れなかった。はっと書き留めた台詞はこれ。

死の対極は欲望 Death:The opposite of desire

昨夜は雪が少し降って今はびゅーびゅー吹雪いている。朝のラジオによれば最高気温マイナス3度。

-▽映画