これまでのサロンのお話

◆第12回<10/12「ココ・シャネルという生き方」>

2016/06/27

テーマは、じゃーん。 「ココ・シャネルという生き方」!   はい。シャネル・サロン。 久々に私がお話させていただくサロンでございます。   80分で、一冊まるごと読んだ以上の充実感。 を目指したく思います。 このところ、シャネルから離れていましたけれど、 いろんなめぐり合わせで、シャネルに近づかないといけない状況に。   そうしたら、 やっぱりシャネルってすごいわっ。 なにがすごいって、その突き抜けかたがものすごいわっ。 ファッションって、やっぱり哲学だわっ。 「平手打ち」されるこの感覚、いま、私に必要だわ。 「嫌悪の精神」、やっぱり好きだわっ。   と、そんなふうに思ったものですから、6年前に出版した「ココ・シャネルという生き方」   を今みなさまにお話したら、これまた違った味わいも出てくるのでは、と思ったのでございます。     男性の方も、シャネルって男も女もないですから、というか、男性の方もきっと「平手打ち」感覚ありますから、ぜひご参加くださいね。   ちなみに、「ココ・シャネルという生き方」はこんな本です↓   ***   「規格品の人生」を歩んではいけない。――あたしは自分で引いた道をまっすぐに進む。自分が勝手に進んだ道だからこそ、その道の奴隷になる。 孤児院から人生をはじめ、自力で莫大な富と名声を手にした世界的ファッションデザイナー、ココ・シャネル。彼女はショーの最後をウエディングドレスで飾ったことがなかった。なぜか――。   「働く女の先駆者」、シャネルのゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを、「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出す。   シャネルからのメッセージがつまった、熱くてスパイシーな一冊。   シャネル

-これまでのサロンのお話