ブログ「言葉美術館」

◆クリスマスの愛

2016/06/25

__この時期はいつもサガンのこの言葉が頭のなかを駆けめぐる。 ***** ひとは何かをするときに、「どうしてそれをするのか」、その理由や目的を考えないで、「どのようにすればよいか」と方法ばかり考えるようになってしまいました。 ***** 毎年、毎年、「どうしてそれをするのか」考える。考えない人を非難するとか嫌いだとか、そんなふうには思わない。そういう感情はない。ただ、考えてしまう、これはどうしようもない。 私だって世の中がきらめいているのはいいなあ、と思うし、プレゼントを選んだりもらったりするのは、とっても心はずむ出来事、頬がゆるむ。 それでも、行為、結果は同じでも、過程が私は大切だと思っていて、やっぱり考えることに価値を置きたいなあ、と思う。 どうしてそれをするの? 私なりの答えはこの記事にある。2006年に書いていた。いまもこの気持ちに変わりはない。メリークリスマス。

-ブログ「言葉美術館」