*フェイスブック記事 ▽映画 ブログ「言葉美術館」

*FB*今年最後の言葉のプレゼント

20161231-2

ごきげんよう。
自分を甘やかして、ぐーたらと時を過ごしていたら、うっかり大晦日になっておりました。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

年末も年始も家で過ごせるという、ものぐさで出不精な私にとっては極上の年越しとなりそうで、ますますぐーたらしそうな気配におびえる深夜。

フェイスブックを始めて2年目。
いまだ慣れずに初心者気分ではあるけれど、それでもみなさまからの、(たぶん気軽な)「いいね!」に、ふわっと心明るくなったりしているのでございました。

というわけで2016年、今年最後の言葉のプレゼント。

幸せに生きるための極意を、ペネロペ・クルス主演の映画『あなたのママになるために』から。

「幸せに生きるためにはどうすればいいの?」
と尋ねた幼い息子に母は答えます。
「心地よいものに歩みより、痛みから遠ざかるの。適度にね」

……。

そうよ。でも、それが難しいの。適度に痛みから遠ざかるって、ひどく難しい。
でも、「心地よいものに歩みよる」ことなら、ちょっとはできそう。
まずはここから始めましょうか。

ブログも更新しておりますので、興味あるタイトルありましたらご覧ください。ありがとう。

◆山口路子ワールド◆
ニュー・シネマ・パラダイス

「私が今年したこと」と石川啄木

憎しみのタンゴと「不変なものなんてない」

それでは大好きなみなさま。
どうぞよいお年をおむかえください。

-*フェイスブック記事, ▽映画, ブログ「言葉美術館」